不妊治療

不安…保活っていつから何をしたらいいの?

不安…保活っていつから何をしたらいいの?

待機児童が社会問題にもなっている保育園事情。職場復帰に向けて保育園の入園を検討する人にとって「保活」という言葉は聞いたことがあると思いますが、一体保活とは何か、いつから何を始めればよいかという不安を解消すべく、基本的な情報からご紹介します。
 

保活とは何か?


保活とは、子供を保育園に入れるために保護者が行う活動のことを言います。
活動の内容としては、主に保育園に関しての情報収集が中心で、人口が多く、待機児童が多い大都市近隣では、認可保育園の入園募集人数がいっぱいだと、保活をするママさんもどんどん増えていきます。
近くの保育園の情報や、入園させるための選考基準などを入園申込み前から把握しておくことが大事になり、その保活の動き次第で、入園の合否を左右するほど重要な活動なのです。
 

何の情報を調べたら良いのか?


重要な情報収集は大きく分けて2つあります。
1つ目は、選考基準を知ること。
2つ目は、自分が通える保育園の情報を調べること。
保育園の入園選考基準は、市区町村によって異なるため、区役所に行って直接聞くか、またはホームページを確認するかになります。
保育園に入園できる条件、またどのような選考で入園が決まるかが分かりますので、早い段階から確認しておくことをオススメします。
この選考基準によって、入れるか入れないかのほとんどが決まります。

多くの自治体が、「より保育園に入る必要性が高い家庭」から優先的に入園できるようになる仕組みになっており、「選考指数」と呼ばれるポイント制で優先順位を決められていきます。
計算方法としては、下記の通りです。
「選考指数=基本指数(父)+基本指数(母)+調整指数」

各家庭の両親の勤務状況や介護状況などの基本的な情報から計算されるのが「基本指数」。
ひとり親家庭や兄弟の状況などの家庭事情に配慮して計算されるのが「調整指数」。
この二つの指数の合計点が選考基準となります。
この合計点が高ければ高いほど、保育の必要性が高いと思われ、入園の優先順位が高くなり、入園が決まる可能性が上がっていくのです。

この点数を増やすために、フルタイムで働く方がいたり、認可外の保育園に一度入れてポイントを稼ぐ方もいたりと、点数アップのために試行錯誤する方がたくさんいます。

2つ目の自分が通える保育園の情報を調べるには、まず入りたい保育園の情報から調べましょう。
第一候補に挙がってくるのが、家の近くの保育園や通勤途中の保育園でしょう。
候補に挙がっている保育園はどんな保育園なのかを調べるには、同じチェックポイントにフォーカスして調べてみることをお勧めします。
例えば、保育園までの距離、保育園のスタイル、スケジュール、保育時間、保育園の種類などをそれぞれ比較すると、違いが分かりやすいので決めやすくなります。
各保育園のホームページを見てみるのも良いですが、絶対に1度は見学に行きましょう。
行ってみて、やっぱり雰囲気が子供に合わなかったり、方針が納得いかなかったり、実際行ってみたら結構遠かった…など、思うことがたくさんあると思います。
入園してからでは遅いので、時間が許すのであれば、強く希望している園は園庭開放などに何度も参加して、保育園の先生の雰囲気や行事の思考などをしっかり把握できると安心です。

また、各保育園の倍率も調べておくことも大切です。
交通アクセスが良かったり、保育内容が評判で人気なところは、倍率が非常に高く入園できる確率も低くなってしまいます。
倍率も入園する園を決めるのに大事な情報の1つですので、しっかり確認しておきましょう。
 

いつから保活を始めたら良いか?


では、一体いつから保活を始めるべきなのでしょうか。
保活はできれば、妊娠中、または産休に入ったあたりから始められるのがベストです。
まずは、子供を何歳で保育園に入れるかを考えましょう。
基本的には、1歳になった日までで育休は終了ですが、年の途中入園は難しいと思っていいくらいです。
そのため所属する企業の制度が許すのであれば、4月入園を目途に復帰するという気持ちで動いていくのが良いと思います。
0歳の4月に入園なのか、または1歳の4月に入園するのかで大きく保活スケジュールは変わってきます。
出産し、もっと子供と一緒の時間が欲しいと思うのであれば、1歳の4月を目標に保活をのんびりしていけばよいですし、早く働きたい!育児が自分にはあまりあっておらず、自分の時間もしっかりほしい!というのであれば、0歳の4月入園でのスケジュールで進めていけば良いでしょう。
万が一、保活が遅れてしまっていたら、保育園の申込時期や保育園の情報などが分からないまま4月の入園のタイミングをも逃してしまう可能性があります。
なので、前もって始めておくことに越したことはありません。

認可保育園の来年度4月申し込みは、10月~11月あたりに本格的に始まります。
自治体の区役所に行って、申込書類をもらい、必要な提出書類を用意します。
必要な書類には、会社に依頼して記入してもらう就労証明書などがあり、時間を要することもあるので、申込書も配布が始まったら早めに受け取りに行くことをオススメします。

そして、入園結果は2月あたりに通知として自宅に届きます。
ここで、入れないという不承認通知が来た場合は、区役所に相談に行き、第二選考で入園できる保育園をさらに検討して、再度手続きをします。
または、どうしても希望している保育園に入りたい場合は、一度認可外の保育園に入園して点数を稼ぐなどという方法もありますが、いつ入園できるかは見通しがつきません。
仕事復帰を急ぐ人は定員割れしている保育園なども候補に入れ、第二選考で入園を希望する方法が先決かもしれません。
 

認可保育園に入れなかった時の場合も考えておく


市町村によっては、待機児童が多すぎて、全く認可保育園に入る見通しが立たないという方も多いのではないでしょうか。
そんなときにも慌てないように、認可保育園に入れなかった場合のことも考えておく必要があります。
認可外の保育園を検討したり、幼稚園の預かり保育を検討したり、保育園でなく仕事を辞めて幼稚園にするか、またはベビーシッターにお願いするのか…など様々な方法があります。

絶対に保育園に入れる!と思っていて、入れなかった時の絶望感はストレスにもなりますので、前もって家族みんなで「もしも…」のことを考えておきましょう。
また、家族で話し合うのももちろんですが、会社の人とも、保活状況が厳しいようであれば、その状況も共有しておくことで、万が一入れなかった時に理解してもらいやすいでしょう。
復帰前提で会社もポジションを用意していたら、会社の方もスケジュールがぐちゃぐちゃになってしまうので、そのようなことがないように事前に伝えておきましょう。
 

最後に


待機児童が多い地域では、「保活」という行動がより重要になってきます。
「もし入れなかったらどうしよう…」という気持ちをずっと抱えながら、「保活」をするのも結構なストレスになりますよね。入園が決まるまでは決して安心できるものではないのもよくわかります。通知書を開封するときは、まるで受験の合格通知を見るような感覚です。

あまり焦りすぎず、余裕をもって早めに動き、園庭開放なども積極的に参加して、子供と一緒に楽しみながら「保活」をしましょう。
役所の窓口でもアドバイスをもらったり、新しい情報を教えてもらったり、近所のママ友とも情報交換をしながらマイペースに頑張りましょう。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント