不妊治療

先輩ママに聞いた!子宝に恵まれる妊娠ジンクス10選

先輩ママに聞いた!子宝に恵まれる妊娠ジンクス10選

現在妊活中の方は、強く「赤ちゃんが欲しい」というお気持ちでしょう。でも、なかなかできないと焦ってしまったり、悩んでしまい辛い思いをされているのではないでしょうか。授かり物とは言え、できる事は試したいという方に妊娠ジンクス10選をご紹介します。

妊娠ジンクス 10選ご紹介


妊娠できるようにと妊活されている方の中は、おまじないやジンクスをたくさん試している方もいます。
そこで今回は、先輩ママさんがこれで妊娠した!というジンクスをご紹介します。
是非参考にしてみてください。
ただし、科学的根拠はありません。とはいえ、試してみて授かる方もいらっしゃるのです。気持ちを前向きにするためにも、試してみてはいかがでしょうか。

・妊娠ジンクス①: お米をもらう
妊娠している方のお家の米櫃からお米をもらいましょう。
少量で十分なのです。
少し譲っていただき、夫婦二人で仲良く食べてみましょう。
もし、身近に妊娠されている方がいない場合は、実家の米櫃からお米をもらいましょう。
「米櫃」というのがキーワードになります。米櫃からもらったお米を自宅で炊くというのが大切ですので、注意しましょう。

・妊娠ジンクス②: ジュースを使ったおまじない
妊活している方は基礎体温を付けていると思いますが、その基礎体温をベースに行います。
排卵期は体温が下がる前後と言われていますが、その3日前から3日後まで毎日ジュースを用意します。ジュースは、「グレープフルーツ」「オレンジ」「リンゴ」の中から好きなジュースを選び、体温が下がる前後の3日間毎日飲みましょう。そして、ジュースを飲むときはリラックスができるようにクラシックを聴きながら飲み干しましょう。
膣の中を酸性の状態にすることで妊娠しやすくなると言われているので、その状態に近づくように願ってするおまじないです。

・妊娠ジンクス③:赤ちゃんの靴を玄関におく
たまに、「お母さんのおなかの中に行く前に、お母さんの事、お空から見てたよ」という事をいう子供がいるように、赤ちゃんは空からどのお家、どの夫婦のもとへ行こうかなと探しているともいわれています。
赤ちゃんの靴や、ベビー服を玄関に用意しておくと、空から見つけてくれるかもしれません。そして、1日1度その前で赤ちゃんのことを想像してみましょう。
また、これは産み分けのおまじないにも効果があると言われています。2人目で産み分けされたい人は、男の子ならブルー、女の子ならピンクの物を用意しましょう。
このおまじないは、海外でも人気のおまじないなのです。アメリカでは玄関ではなく、車の座席にぶら下げておくそうです。
玄関にも車にも用意しておくと、より効果的かもしれませんね!

・妊娠ジンクス④:ご先祖様にご報告をする
ご先祖様のお墓参りで妊娠するというおまじないがあります。
ですが、これには注意があり「お願い」ではなく、「ご報告をする」ようにしましょう。
「子供を授かりますように」ではなく、「二人で妊娠できるように頑張っています」とご報告しましょう。
ご先祖様の生まれ変わりという言葉をよく聞きますが、実際にあると思います。筆者の場合も、ひいおじいちゃんが亡くなり、すぐに母のお腹に授かったと聞きました。友人に、お父さんが亡くなった日に出産をしたという人がいます。その友人は、お父さんの魂が移り変わったみたいだといっていました。
昔から「生まれ変わり」という言葉はあり、代々「家」が続いていく過程で大切にされていた方は、もう一度その「家」に生まれたいと願っていることもあります。そのため、ご先祖様にご報告すると妊娠するというジンクスもそこから来ています。
お墓が遠方にある方は、仏壇に向かって毎日手合わせるか、ない方はお墓のある方角へ手を合わせましょう。

・妊娠ジンクス⑤:満月のパワーを借りる
月と人間は密接な関係があると言われており、月のパワーを借りて夫婦の営みをすることで妊娠率がアップすると言われています。
まずは、自分の生まれた日の月の形をネットで調べ、自分が生まれた月の形と同じ月の形の時に夫婦で営みをするようにしましょう。実際に月を見て判断してもわかりにくいと思うので、月齢カレンダーを用意すると確実です。
このおまじないで、自分が生まれた月と同じ形の月がちょうど排卵期だった場合は98%妊娠するとまで言われているんですよ!
是非、試してみてください。

・妊娠ジンクス⑥:妊婦さんが陣痛中に富士山の絵を描いてもらう
これは、結構ハードルは高いですが、効果的なジンクスと言われています。
妊婦さんが陣痛中に赤いペンで「富士山」の絵を描いてもらいましょう。描いてもらった絵は、風水で「子宝」の北側の壁に飾るのが良いです。より効果を発揮するには、寝室の北側に壁があればそこがベストなので、そこに貼りましょう。
富士山はとても縁起が良く、安産の神様がいると言われています。
苦しい陣痛中に書いてもらうなんて、お願いするのは気が引けるかもしれませんが、妊娠するという幸せな気持ちを十分に分かってくれると思いますので、思い切ってお願いしてみましょう。
それでも、身近に妊婦さんがいない場合は、ネットにもアップしてくれている画像があるので、待ち受けにしてみたり、印刷して壁に貼り付けてみたりしてはいかがでしょうか。

・妊娠ジンクス⑦:妊婦さんにおにぎりを作ってもらう
上記でもお米をもらうというジンクスをご紹介しましたが、妊婦さんにおにぎりを握ってもらうと妊娠ができるというジンクスがあります。
お腹に命を宿している妊婦さんは神聖でご利益があるため、是非あやからせてもらいましょう。

・妊娠ジンクス⑧:妊婦さんのおなかを撫でる
このおまじないも妊婦さんにあやかったおまじないですが、筆者的にはこれが一番な気がします。
妊婦さんの真ん丸なお腹を優しく撫でて、「頑張って出ておいでね」や「大きくなぁれ」などと妊婦さんと一緒に健やかな成長を願いましょう。
そして、同時に自分が妊娠した姿をイメージしながら撫でてみてください。
胎動を感じられたらさらに貴重な体験ですよね。
このおまじないで、妊娠した!という方が多くいますので、それだけの効果があるということかもしれませんね。

・妊娠ジンクス⑨:「コノハナノサクヤビメ」にお願いする
安産の神様である「コノハナノサクヤビメ」に子供が授かりますようにとお願いすることです。
まず、用意するものは2枚の白い紙と白い毛糸です。
1枚の紙にあなたと旦那様のフルネームを描き、もう1枚には「子」と書いて丸で囲みます。
2枚紙を重ねて、くるくると丸め、それに白い毛糸を巻き付けて止めます。それを寝室に置いて、「サクヤビメ、子供を授けてください」と1度だけ唱えます。
これはかなり強力なおまじないとされていて、とても効き目があると言われています。妊活されている方は試してみることをオススメします。

・妊娠ジンクス⑩:子宝の神様「木村さん」を待ち受けにする
木村さんとは、2000年ごろに木村さんという方が中国の深センに住んでいた時に、とある民芸店に飾られていた泥人形に一目ぼれをして日本に持ち帰ったのが始まりです。
中国のお土産として友人Aさんにこの人形をプレゼントしたところ、Aさんが妊娠したのです。Aさんは、不妊で悩んでいる友人夫婦にこの人形を見せたところ、8組中7組が半年以内に妊娠したそうです。
そして、この人形の事を「木村さんにもらったやつ」と呼んでいるうちに、口コミでいつの間にか人形が「木村さん」と言われるようになったそうです。
この噂を聞いた木村さんもSさん宅でこの人形にお祈りしたところ、なんと奥さんも妊娠し、今ではインターネットを通じて口コミが口コミを呼び、子宝を望む女性の間では都市伝説として広まっています。この人形をケータイの待ち受けにしたり、パソコンの壁紙にしたり、プリントアウトして飾ったりした結果、実際に妊娠したという報告を数多く聞きます。
公式ホームページでは、かわいい画像や沢山のバリエーションがあるので、自分の気に入った木村さんの画像をダウンロードして待ち受けにしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。もうすでに試されていたジンクスはありましたか?
冒頭にもご紹介したように、これらのジンクスに科学的根拠は全くありません。ただし、良いジンクスであれば信じてみるのもありだと思います。
妊活中というのは思うようにいかないことも多く、気持ちが落ち込むこともあるでしょう。そんな時、これらのジンクスはちょっとでもポジティブな気持ちで行動を起こす良いきっかけになるかもしれません。
まだ試したことのないジンクスがあれば、是非試してみてください。
どうか、子供を授かりますように…。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント