妊娠

妊活のために禁煙!みんなの禁煙方法を紹介します!

妊活のために禁煙!みんなの禁煙方法を紹介します!

妊娠を希望される方は、まず日常生活の習慣を見直してみましょう。近年では10 組に1 組は不妊症で悩まれており、これは決してまれなことではありません。そして不妊治療を受けるには、禁煙が必須と言えます。そこで、みんなの禁煙方法をご紹介します。

 

タバコの煙は妊娠までにどう影響するか?


喫煙は妊娠の確率を下げ、異所性妊娠発生率を約2倍に高めると報告されています。
また、ヘビースモーカーと呼ばれるほど喫煙の頻度が高い人は、喫煙しない女性と比べて約2倍の流産率とも報告されています。
ご夫婦どちらがタバコを吸われる場合も、ご本人以外の他の家族が吸われる受動喫煙の場合も、タバコの煙は妊娠へ大きな悪い影響を与えます。

⚫ 女性の卵巣へ影響し、ホルモンバランスや卵胞の成長を阻害します。
⚫ 卵の老化が進み、弱った卵が増えます。
⚫ 閉経が早まり、妊娠のチャンスが減ります。
⚫ 男性の精巣へ悪影響が働き、精子の数や運動性が低下し、元気のない精子が増えてしまいます。
⚫ 骨盤動脈の動脈硬化により、男性インポテンツのリスクが高まります。

そして、妊娠成立後にもさらに悪影響が続きます。
妊婦さんや周りの方の喫煙は、お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害し、新生児の死亡率を高め、妊娠中の重度の合併症の危険を1.5~4倍に高めます。さらに、生まれてくる赤ちゃんの口唇裂・先天性心疾患・手足の欠損などのリスクが高くなり、お母さんの喫煙本数に応じて、赤ちゃんの体重制限も抑制されてしまうのです。
妊娠する女性はもちろん、パートナー、そして周りの家族にも禁煙するように協力してもらいましょう。

 

こうすれば、たばこはやめられる!


・まずは、喫煙宣言をしましょう。
有言実行!自分の周囲の人に「タバコ辞めます!」と伝えていたら、周りの人も知っているが故、自分の行動を規制することができます。

・禁煙後に起こるニコチン離脱症状の対処法 
禁煙によってニコチンが切れることで離脱症状という禁断症状現れます。
これに撃ち負けてしまうとまた喫煙を始めてしまうため、自分との戦いですので対処法をしっかり身に付けましょう。

(例)
・イライラする:深呼吸をする、ウォーキングをする
・不安感:カフェインの入った飲み物を飲まない、他のことをする
・睡眠障害:寝る前にカフェインの入った飲み物を飲まない、昼寝をしない
・空腹感:バランスの良い食事をとる、冷たい水を飲む

 

みんなの禁煙方法をご紹介


・「禁煙セラピー」という本を読んで辞めました! (30代男性)
ヘビースモーカーだった私。1日40本以上吸っていたこともありました。奥さんに言われて禁煙しても隠れて吸っていたり…。
禁煙しても続かない状態でしたが、本屋さんで出会った1冊のこの本で、スムーズにやめることができたんです。
怖いことは1つも書いてなくて、タバコを吸っている人の気持ちがすべて書かれている本です。Q&A方式で読んでいる人へカウンセリングしてくれるような本と言えます。
本の中にタバコは我慢しないで吸いながら読んでください。とも書いてあり、読んでいるうちにタバコに縛られていた心が少しずつ解けていき、吸いたくない自分に生まれ変わることができました。
読み終わってから一度も吸いたいという気持ちは起こらず、今は吸っていた自分が不思議で仕方がありません。

・箱ごと捨てる力技! (20代女性)
1本吸いたくなったら1箱購入して1本取り出したらそれ以外を箱ごと捨ててしまいました。この1本のために1箱買うのももったいないと思うようになり、だんだん買わなくなりました。

・5歳の甥っ子に「タバコ臭くて嫌い!」と言われ禁煙成功 (30代女性)
1日4箱も吸うほどのヘビースモーカーでしたが、妊活を機に禁煙を試みました。しかし、どうしてもやめられず、吸いたくなってまたタバコを買ってしまう始末。
しかし、子供も欲しいし、これではいけないと自分に喝を入れようとしていた時に、親族の集まりの際に大好きな5歳の甥っ子に「タバコ臭くて嫌い!近寄らないで!」といわれてしまいました…。これは本当にショックで、禁煙を決断し成功することができました。
子供の言葉って何よりもパワーがありました。

・禁煙外来に行く決心をしました (40代男性)
不妊治療を始める際に、奥さんに言われ禁煙を試みました。
しかし、なかなかやめられず、奥さんに隠れて仕事の合間に吸っていました。
そのせいか、案の定タイミング法ではなかなか子供が授からず、奥さんの悲しむ顔が辛くなってきました。
不妊治療も非常にストレスがかかるため、タバコを吸いたい気持ちもどんどん増してきましたが、さすがにタバコのせいで頑張っていることが無駄になるかもしれないことを考え、禁煙外来へ行く決心をしました。
やめてみるとタバコはデメリットしかなく、喫煙室のコミュニケーションは喫煙者がよく言うことで、なくても全く問題ありませんでした。禁煙外来を受診して、薬での禁煙はつらいことは何一つなく、もっと早くいけばよかったと後悔しています。

 

要注意!アイコスも立派なタバコです!


最近は、新型タバコという事で「アイコス」が流行っており、タバコよりアイコスの方が主流になってきています。
アイコスなら、従来のタバコと違って健康的だから、妊活中でも大丈夫!!と考える人が増えているようですが…
ダメです!!
アイコスは、加熱式のタバコです。
火を使わないので、燃焼によって発生する発がん性物質をほとんどカットでき、煙が出ないため副流煙が出ない、壁などの着色もないというメリットがあると言われています。
副流煙がなければ、家族の健康も大丈夫!というものですが、アイコスはれっきとしたタバコです。
アイコスを吸えば、タバコと同じようにニコチンを吸っているのです。
タバコがやめられないから、アイコスに変えるというのは、かえって逆効果なのです。
軽く感じるせいか、かえって吸う量が増える人もいます。
なので、アイコスだから安心!ということは絶対にないのです!!!
妊活、不妊治療をするのであれば、1日でも早くタバコ、アイコスをやめましょう。

 

体質が変わるのには3か月かかります!


体質が変わりきるには最低3か月はかかります。長期戦を覚悟しましょう。
ヘビースモーカーだった男性が完全に禁煙をし、3か月経ったあたりで自然に妊娠できたカップルがいました。
妊活は女性に負担が掛かることが大半です。検査で痛みや苦痛に耐え、体温を上げるために生活習慣を見直したり、卵子の質を上げることにたくさんの努力をします。
パートナーとして一緒に頑張れることで、男性ができる重要なことの一つに、精子の質を上げる努力をすることがあります。その代表的なことは禁煙です。
女性だけでなく、男性も将来の赤ちゃんのために、頑張って禁煙をしましょう。

 

最後に


いかがでしたでしょうか。
禁煙って、喫煙者にとっては非常に辛いですよね。
しかし、自分自身のため、愛するパートナーのため、そして将来生まれてくるかわいい二人の赤ちゃんのために最善の努力をしましょう。
今では、タバコは値段も上がりタバコ代もばかにならないですよね。
もし、どうしても自分でやめられなければ、すぐに禁煙外来に相談をしてみましょう。
約3か月の治療代と3か月のタバコ代と比べてみてください。
そのタバコ代でタバコとさよならでき、赤ちゃんにも会えることができたら…そんなハッピーなことはないでしょう。
禁煙して、二人の赤ちゃんを迎える準備を整えてくださいね。

一覧に戻る

コメント

コメントがありません。

コメントを書く

(全ての項目が必須入力となります)

ニックネーム

メールアドレス

※公開されません

コメント